Category Archives: 社会

見積もりを用いて最適なメッキ装置を選ぶ

専門業者が提供しているメッキ装置を購入するとなると、
製品の選別が(^_^;)必要になります。

その装置を提供している会社は、沢山あるのですね。
あまりにも数が多いので、どの会社の製品を(?_?)選べば良いか
迷ってしまう事もあるでしょう。
その際には、専門業者と話し合いをしてみるのが良いと思います。

そもそもメッキ装置を導入するまでの流れですが、
まずは専門業者に来てもらう事になるのですね。
(?_?)どのようなニーズでその装置を使いたいかを、製品会社の担当者と
打ち合わせをする事になるのです。

そして打ち合わせ後は、担当者から見積もり金額というものが
提示される事になります。
つまり何円程度で装置を導入する事ができるかが、
伝えられる訳ですね。

また会社によっては、「自分のニーズに合う装置があるか」
どうかが気になっている事もあるでしょう。
メッキ加工をするための装置も多彩ですので、
必ずしもニーズを充足できるとは(ーー;)限らないのですね。
それも話し合いのタイミングで、よく確認しておく方が良いでしょう。

この見積もりは、複数の会社から取る方が良いですね。
何せ見積もりを出してもらう分には、料金はかかりません。無料です。

まずは複数の所から見積もりを出してもらって、
自社に最適な装置を選ぶと(*^^)v良いでしょう。

syorui_morau_man

アメリカで会社を設立

旦那はアメリカで仕事を見つけて、アメリカで働いています。

その会社の元・上司と同じ国の出だということもあって、
非常に仲が良いのですが、その上司はアメリカ国籍も持っているので、
アメリカで会社設立をして老後を過ごしたいと思っているようです。

そして、ついこの間、「会社を辞めて一緒にアメリカで会社設立をしないか
自分たちが今やっている仕事を自分たちで会社を作ってやればいいんだ」
と(@_@;)言ってきたようです。

kaisya_nakayoshi

ずっと、私の旦那も、私自身もアメリカで会社設立をして、
解雇される不安などから(>_<)逃れたいのと、子供たちに残せるような物を
作ってあげたいと思っていたので、旦那の\(゜ロ\)(/ロ゜)/心は揺れたようです。

ただ、アメリカで会社設立するには…というよりも、どこで会社設立するにも、
お金は必要になってきます。

彼らがやろうとしていることは、大々的な仕事なので、
さらにお金がかかることを考えると、「それは!(^^)!いい考えだ」としか
言えなかったようです。

でも、その一言で、旦那がアメリカで会社設立をするという夢と
意思をさらに強めたようで、私もその夢を後押しできるようにしたいなと
思いました。

といっても、私ができることは節約することくらいしかできないのですが…(笑)

 

節約とスキルアップ

日本は、今、消費税が上がる前と違って気軽に商品が買えなくなりました。
しかし、最近、インターネットで海外の方と知り合うきっかけも増えて、
海外は前から今の日本の状況と聞いたのです。
だから、日本が(>_<)厳しいと考えることはやめました。
日用品は、インターネットのチラシや新聞の広告をチェックして安い商品を
購入したらよいのです。
さらに、本が読みたい場合は、古本屋や図書館とか、電子書籍だったら
安く読めます。簡単にいえば、生活を工夫して過ごしたらいいのです。
さらに、私は、コンビニでアルバイトをしています。
しかし、世の中が(>_<)厳しくなったおかげで、将来のスキルアップを真剣に
考えるようになりました。
具体的には、通信教育で国家資格を目指すとか、スマホのアプリで
子供向けの英語の単語の勉強をするとか、スカイプで英会話を
勉強しています。

english_book_boy
この努力がうまくいかはわからないです。
しかし人生の生きがいにつながっていることは間違いありません。
さらに、最近、少し前に在宅の入力に応募して見事に採用されました。
会社の入力方針をプリントアウトに印刷して、一生懸命覚えまして
仕事をしたら、ランチ代程度の報酬をいただくことができてうれしかったです。
こんな風に今の(ーー;)厳しい時代前向きに考えて生きる努力をしています

建設機械をレンタルするには?

norimono_shovel

庭のリフォームをしようと考えています(^O^)/

それほど広くない庭なので、
時間をかけて自分で手入れしていく予定だったのですが、庭にある木の配置や少し小高い山を作りたいと思ったのでどうしようか悩んでいます(^_^;)

庭のリフォームの業者に頼んでやってもらったほうが早いと思いますが、お金も結構かかると思うので気軽に頼むわけにはいきません(^_^;)

安くできる方法がないかいろいろ考えたところ、建設機械をレンタルするという方法に行きつきました(^O^)/

もちろん自分では運転できませんが、知り合いに建設関係で働いている人がいて免許を持っているので建設機械をレンタルしてその人に頼めば安くすませることができそうです。

建設機械をレンタルするにはどれくらいかかるか調べたところ、1か月借りれば数万円から数十万円くらいするようですが、1回だと数千円から1万円台くらいで借りることができるようです(*^_^*)

もっと高いかと思ったのですが、それほど高くなくてよかったです。

これなら建設機械をレンタルして知り合いに礼金を払ったとしてもとても安くすみそうです(・ω<)

気になって建設機械をレンタルすることについて調べてみました。
普通に買うと何百万円も何千万円もするような建設機械でもレンタルとなると低価格で借りることができます(*^_^*)

1か月、2か月の短期間だけ必要だという場合は、建設機械を購入するよりもレンタルをしたほうがお得といえるでしょう。

個人で建設機械が必要という場合は、例えば庭のリフォームや自分で家を建てたり、プレハブ住宅などを建てたいといった場合でしょう(^_^)

DIYが盛んになっているので、自分で工事をしたいという人も増えてきています。

個人で電動工具などを持っている人は多いかもしれませんが、建設機械を持っている人はまずいないでしょう。

大規模な工事をしたければ建設機械が必要になってきます。

そんなときに便利なのが建設機械のレンタルでしょう。
誰でもレンタルすることができるというわけではありませんが、上手に利用するのもいいかもしれません(・ω<)

下記の建設機械レンタルの会社などはよさそうですね。

http://www.kinan.co.jp/vew_lineup/index.html

事故車の買取を上手く利用しよう!

たとえ自動車は動くとしても、事故を起こしてしまった
事故車というのはなるべく乗りたくないものです。
傷だらけでも自動車としての機能を果たしているなら
それで良い、という考え方があるかもしれませんが、
事故車に乗っているのはちょっと恥ずかしいです。

ただ、だからといってすぐに処分する気にもなれません。
なぜならば、処分するのは次に買う自動車の目処が
立ってからになる場合が多いからです。
そうなると、結果的に事故車であっても乗り続けなければ
いけないという苦渋の決断をします。しかし、もしも事故車
の買取をしてくれる業者があるならば、そのときは考えを
改めなければいけません。なぜならば、買取を行なって
もらえるのならば、それで次に自動車を買うときの頭金が
用意できるかもしれないからです。

新しい自動車は何も新車にこだわる必要はありません。
事故車のような傷さえ目立たなければそれで良いのです。
そして、新しい自動車を買うときに少しでも頭金が用意
できれば、どれほど金銭的な負担が軽くなるかは、中古車を
買うようなドライバーであれば誰もがその気持ちをわかって
くれるはずです。

ネットなどで調べてみると、今は事故車であっても買取を
してくれる業者というのが相当数存在していることがわかり
ました。しかも、出張査定が無料である場合が多く、わざわざ
ディーラーまで自動車を運転しなくて良いという点が本当に
ありがたいです。事故車に乗って出かけるのは恥ずかしい
ですから、そうした事故車に乗る人の配慮がしっかりとなされ
ているのだと思います。

事故車はドライバーから見れば事故車ですが、業者から
すれば使えるパーツがたくさんある宝の山なのかもしれません。
ただ、それはやはり事故車の買取をする業者レベルの話で
あって、一般のドライバーにとってはやはりどう考えても
事故車です。ですので、事故車であってもすぐに何もかもを
あきらめるのではなく、事故車の買取業者を探したほうが
良いのです

他人の世話

1204g

世の中には他人の世話が好きな人と嫌いな人がいます。
私の周りにも両親は前者だし、配偶者はまるっきり後者です。
ですから、なぜこんなにも待遇が違うのかと困惑(・A・)?する
ことも多いです。

率直に言って、最初は自分の配偶者に関して冷たい人間だなあ
(*´д`)ヤダァ!!!と感じることも少なくありませんでした。
ただ、自分の両親を見ると他人の世話を焼いている時間が長過ぎる
ような気がして 、自分の生き方というのをあまり考えてこなかった
のでは(。´-ω・)ン? と思うことが結構あるわけです。

別に各人が自分の夢や生き方を貫くとか、どうとかそんなに肩
肘張らなくてもいいのですが、他人の世話をしていて何かをやった
気になってリターンが無いと残念がるというのは少し違うと思います。

私はどちらにも極端にならず自分の考えで生きていこうかなあと思い
ます。(`・ω・´)キリッ

非破壊検査業務への転職を考えています

私は派遣社員です
今の職場は仕事内容にも人間関係にも恵まれておりとても居心地が(*^_^*)良いです。
ですが、派遣社員から契約社員、正社員になれる道はなさそうです。

派遣先の社員や上司には仕事ぶりを認めてもらってはいるようですが、派遣法がころころ変わること、職場の部署名や事務所の場所が変わるだけで契約上はまた1年目からスタートとなってしまいます。
今のところで働きだしてからもう7年にもなりますが、いつまで経っても(-“-)満期を迎えません。
満期を迎えないので、直接雇用の話も出なければ、契約解除の話もでず、居心地の良さから今までずるずるきてしまいました。

しかし、派遣社員は安定がありません
ボーナスもなければ交通費もでません
時給制なので年末年始や盆休みの時期には極端に収入が減少します。
働けている内は良いのですが、年をとって(ーー;)働けなくなった時に向けて貯金をするのはなかなか難しい状況です。
今の職場は大変居心地がよく離れがたいのですが将来を考えると不安で眠れなくなる夜もしばしばです。

そこで、(^_^;)遅ればせながら転職を考えるようになりました。
転職情報サイトやハローワークに通っているときに非破壊検査の求人を見つけました。
非破壊検査とは(?_?)何なのかわからなかったので調べてみると対象を破壊することなく対象の欠陥や劣化の状況を調査する技術のことだそうです
鋼管検査などもあるようです。

正直、だから何と思いましたが、化学工場などは定期的な検査が法律で決まっていたり、耐震基準の変化などもあったりで、今後の需要も見込まれており安定した職業だという記事を見つけ、俄然興味が湧きました。
給与だって今に比べれば断然(^^♪良いです。
体力がいる仕事だそうですが、その辺りは自信があります。
非破壊検査の求人には無資格、未経験の募集もありましたが、資格がないと待遇はあまりよくないそうです。

でも、資格取得の勉強はこれからだってできますが、未経験ばかりはどうしようもないので、入口が広いのは助かります。
資格の勉強をしつつ、転職活動を進めていきたいと思っています。

rirekisyo_woman

オイルや油の吸収力が強く環境に優しい

1118k
機械の周りにはよくマットが敷かれていると思います。
こうしたマットはオイルや油の吸着マットであり、余計なオイルを吸収するために利用されています。

というのは床に流れてしまうと非常に危険なものであり、足を滑らせて怪我をする要因となります。
また火に近づけると燃えてしまうこともありますので、吸収して綺麗な状態を維持しなければなりません。

こうした時に手軽に吸収を行うことができるのがオイルや油の吸着マットなのです。
吸収できる量はとにかく凄いものがあります。
1枚のマット10キロくらいなら油を吸収できるようになっているので、多くの油が流出した時も安心して対応できます。
また水には沈まないようになっているので、油だけを吸収できるという利点があります。

そのため水の中に入ってしまったような状態でも、安心して回収することができるのです。
1枚は持っていると安心出来るのですが、大きな施設には必ず多くのオイルや油の吸着マットが存在します。

常時利用している場合もあれば、その時だけ利用することもあります。
機械を沢山置いているような所なら常時利用していることもありますが、油が流出しそうな時だけ対応することもあります。
特に冬場だと灯油などがこぼれてしまった時に対応することが可能となります。

そのため油を利用しているなら必ず用意しておいた方がいいでしょう。
ただ吸収できる量には限界がありますから、安心して対応できるなら10枚くらいは用意した方がいいかもしれません。
結構値段は高い商品となっていますが、その効果は間違いなく凄いものがあります。

1枚だけでかなりの油を吸い取ってくれるのはいいことですし、吸い取った後も形が変わらないので問題なく利用し続けることができます。
吸い取りが弱くなったら交換すればいいだけなので、そんなに頻繁に変えることもありません。オイルや油の吸着マットは企業にとっては欠かせないものであり、専門的な仕事ならなおさら利用する機会は多いです。
これからの地球環境を良くするための必要なアイテムですね!!

NTTの中古ビジネスフォンなら

ビジネスに利用する電話というのは沢山用意しなければならず、様々な機能を持ったものを購入することになります。
新品で購入するとかなり高い負担となりますので、会社によっては中古ビジネスフォンを利用している所も多いです。
中古であれば比較的安い金額で購入できますし、すぐに壊れるようなものではないので安心して利用できます。
最近は中古を利用している企業も多く、特に立ち上げたばかりの頃は安いものを利用することが増えています。

中古品と言っても、専用の会社を利用しないと購入できないことが多いです。
ビジネスフォンというのは一部の会社しか取り扱っていないのですが、中でも中古ビジネスフォンは本当に限られた所で取り扱われています。
そのため購入できる所を探すことから始めなければなりません。
その上でどれくらいの金額で購入するのかを検討することになります。

中古ビジネスフォンと言っても様々な機種が存在し、安いものは0円で導入できます。
ただ0円で購入できる物は台数自体がそこまで多くないので、多くの台数を用意するならそれなりに高い費用を支払うことになります。
やはり、NTTの中古ビジネスフォンが流通量が多いようです。
会社によってはある程度沢山の中古ビジネスフォンを提供してくれることもありますので、1度相談をした方がいいかもしれません。
同じ機種で統一出来るようなら一番いいですが、足りない場合は別の機種を利用して数だけを揃える!
ということも考えることになります。

どちらにしても新品を購入するよりはかなり安くなりますので、最初に企業を立ち上げる時にはかなり有効な手段と言えるでしょう。

電話というのはビジネスにとって必要不可欠なものです。
これが無ければ色々な連絡を取り合うこともできませんし、多くの会社に迷惑をかけてしまいます。
ビジネスフォンというのは絶対に必要なものであり、中古でも揃えておく必要があるのです。
結構安い機種も存在するので、最初はとにかく安いもので揃えておき、後から余裕が出来たら増やす方法を考えても良いでしょう!!