Category Archives: 料理グルメ

自炊生活のありがたみと葛藤・・・バランス感覚を大切に

自炊生活において、汁物と炒め物・・・正確には「煮るだけ」「炒めるだけ」のメニューは、かなりのウェイトを占めるのではないでしょうか。

小さなお子様や大好きな恋人がいらっしゃる方、グルメな方、料理が趣味という方は、違うのかもしれません。特に、一食一食が「食育」を兼ねている場合、蒸す・練る・漬け込むといった調理法の違いを味わう事も、大切な学びとなるでしょう。
しかし、「とりあえず自分一人が食べられたら大丈夫」「調理に時間を掛けたくないが、インスタント食品頼りには抵抗がある」という合理的(面倒くさがり)かつ若干真面目な社会人の方々には、冒頭の主張にご賛同頂けると思います。

特に汁物!野菜や魚介類を刻み、目分量で味付けをして、数分火にかける。それだけで、美味しい一品が出来てしまいます。鍋で煮込む間にサラダを作るも良し、メインの肉を焼いても良し。きちんとスープを飲み干せば、素材の栄養を丸ごと摂れる。手軽さ・味わい・健康、全てにおいて優秀です。

ところで、「料理アプリ」も、今や自炊生活に欠かせないアイテムと言えるのではないでしょうか。私自身も、下ごしらえを簡素化したレシピ、特定の食材(生クリーム等)が無い時の代用レシピを何度も検索しています。「頂き物の山菜、どうやって食べたら良いの」「大量に余っているキャベツ、傷む前に何とかしなければ」なんて時にも、さくっと解決出来て助かります。初心者でも簡単に、手持ちの材料だけで作れるメニューが豊富なので、気軽に新作に挑戦出来ます。写真付きで、材料の配分や混ぜ具合が一目で分かるところも嬉しいです。

今の食生活に満足していますし、これからも続けていくと思います。ですが・・・例えば、「煮物を作って」と言われた時や知人の子供に料理を教える時、揃える食材や調理方法に戸惑いが生じるのです。いつも作っているあの料理は、「正しい煮物」なのか。私の手順を真似した結果、この子が将来、恥ずかしい思いをしてしまうのではないか。不安を埋める様に、こっそりと初心者向けの料理本を開いてしまったりするのです。

先日、料理教室の体験講座に行きました。先生の手際の良さはもちろん、しっかりと出汁を取った味噌汁のコク、火加減を変え丁寧に煮詰めた照り煮の艶にも驚きました。料亭の様な華やかさはないけれど、毎日食べ続けても飽きる事はない・・・そんな、家庭料理の神髄を垣間見た気がしました。

普段の食事は素早く簡単に、時折基本に忠実な料理を練習しておく。そんなバランス感覚を大切にしたいです。

美味しいコーヒー

京都東急ホテルの風花(KAZAHANA)というレストランでおいしいランチいただきました。

どれもとっても美味しくて大満足(*^_^*)

前菜から全部おいしかったです。

お料理の内容もよかったです。

おうちで作ってみたいなと思ったのは、さんまのムニエル?に大根おろしポンズが添えられていた一品

プチトマトとししとうのソテーも添えられていて、色も鮮やかで臭みもなくふんわり焼けていて、これなら美味しくいただけそう!

焼き魚のイメージのサンマくんも、これなら自分でもお料理できるかな~

 

そして、何より、KAZAHANAのステキなところは、熱いものは熱く、冷たいものは冷たい状態で

ベストタイミングで出てきたことです。なので余計にお料理が美味しく感じたのかもしれません。

それから最後のコーヒー これがとっても美味しかったです。

久しぶりに一口飲んだ瞬間に「美味しい~(#^.^#)」と思わず口に出ていました。

もう少しゆっくりする時間があったら、どこの豆使ってますか?等の細かい情報聞いたのに

残念(>_<)です。
kazahana

ネットのレシピでキッシュに挑戦

先日友人とランチに行ったお店で食べたキッシュがとても(*^_^*)美味しかったので、
自分でも作ってみたいと思って冷凍のパイ生地を買ってきました。

ネットでレシピ(?_?)検索をしたら沢山のレシピがあって、
どれを使うか迷ってしまいました。
初めてでうまくいくか(>_<)わからないのでなるべく家にある材料で作れるもので、
難しくなさそうなものを探していると、ほうれん草じゃがいもキッシュという
とても(*^_^*)美味しそうでシンプルなレシピがあったので、
それを参考にさせてもらうことにしました。

お菓子作りはたまにするのでパイ型や麺棒は家にあって、
オーブンも最近買い替えたところだったので器具には困りませんでした。
一番心配だったのは味で、いつも甘いものばかり作っているので
食事として食べるものに美味しく味付けできるのか(ーー;)心配でした。
とにかくレシピ通りを心掛けて作ったら、見た目はまずまずのものができました。

問題は味のほうなのですが、こちらも意外に上手くいって、
それなりに(*^_^*)美味しくできました。
レシピで適量という表示になっている塩コショウなどの調味料が
心配だったのですが、ちゃんと美味しく食べられる物になっていました。
さすがにお店で食べたものには(^_^;)及びませんでしたが、
自分で食べたいものが作れるって幸せですね。
生地のサクサク感がもう少し欲しいかなと思ったので、
次への課題にします。
自分で作ってもそこそこのものが作れるということがわかったので、
また作ってもっと美味しくできるように研究していこうと思います。

至福のコーヒータイム

最近、私が最高に幸せだなと感じる瞬間は、コーヒーを飲んでいる時です。

大学生の頃まではコーヒーが苦手だった私

大学の先輩に淹れてもらったドリップコーヒーを最初は我慢して飲んでいたのですが、

毎日飲んでいるうちにいつの間にか大好きになっていました。

それまではコーヒーの香りは好きだけれど、その苦さをおいしいとは思えませんでした

一番手軽に飲めるインスタントコーヒーや缶コーヒーの味も嫌いで、

余計に美味しいとは思えなかったのです。

でも、レギュラーコーヒーでちゃんとドリップしたコーヒーの味は本当に美味しいんだと、

先輩のおかげで気づくことができました。

それからは完全にコーヒー党です。

つい最近、コーヒーは挽きたてが一番美味しくて

保存には豆の状態が一番いいと知ったのでコストコでレギュラー豆を購入してきました。

それに伴って、コーヒーミルも購入。

おいしいコーヒーを飲むまでには初期投資が少しかかってしまいましたが、

のんびりと丁寧に豆を挽いてから淹れたコーヒーの味は格別です。

淹れた後のコーヒーも、何となく酸化するのが遅いように感じます。

コーヒー豆を挽くのは急いでいる時には手間がかかって大変ではあるけれど、

子どもたちが楽しんで挽いてくれるので助かっています。

これから暑い時期になりますが、できるだけ挽きたて豆でコーヒーを淹れて、

アイスで飲もうかなと考え中です。

cafe_siphon

パスタにコーンポタージュを絡めてみました(^_-)-☆(^^)v

y10607a

今日は開封したままのパスタを茹でたものを昼食にしました(*^_^*)

しかし茹でてから、パスタソースがないことに気づいて慌ててしまいました。
普段は和えるだけの簡単なソースをパスタに絡めて食べています(^^)v

一番好きなのはカルボナーラですね。
ちなみにケチャップを混ぜたナポリタンは苦手です(^_^;)

さすがに何もかけないで食べるのは嫌だし、
ポン酢でも混ぜてみようかなと思いつつ冷蔵庫や棚をあさりました。

そしたらコーンポタージュの素が見つかったんです。

コーンポタージュは好きだし、クリーム系のパスタがお気に入りの私は
すぐにこれだと思い立ちました(^^♪(^O^)/

早速普段よりも少なめに沸かしたお湯と粉を混ぜ、
パスタにかけました。
最後に軽くコショウをまぶせば出来上がりです。

コーンポタージュのとろみとパスタの相性がよく、
おいしかったです(^_-)-☆(^^)v

パスタの新たなメニューが増え、満足した昼食でした(・ω<)

高級ホテルの温泉入浴つきランチプラン

onsen_woman

田舎で暮らしているわたしですが、
全国でも有名な長崎の温泉地に住んでいるので、
わざわざ遠くまででかけなくでも手軽に入浴を楽しむことができます。

自宅から車を走らせると20分以内の距離に
ゆっくりと入浴できる有名ホテルや
地元の人が出かける穴場のスポットがたくさんあるので、
知人や友人、家族とあちこちに出かけては楽しんでいます(・ω<)

中でも楽しみにしているのが、
数多くのホテルで行っている入浴つきのランチプランです(・ω<)(*^_^*)

観光でホテルに来られる方が宿泊をすると1泊20000円近くも
費用がかかる高級ホテルでも、温泉にのんびり入って
バイキングのランチをいただくというランチプランは、
2000円から3000円程度のリーズナブルな価格で
利用できるところが多いんですよね(^O^)/

ですから4~5人で出かけても、予算が15000円あれば十分なんです。

気楽に楽しめるランチプランとはいっても
名の知られた高級ホテルの料理人さんたちが腕によりをかけて作ったものなので、
味は納得の美味しさです(^^♪(^O^)/

わたしが1番よく行くホテルのランチバイキングは、
和洋中華のすべてのお料理が出るので、
天ぷらやステーキ、パスタや酢豚などさまざまな料理を
心ゆくまで楽しむことができます(*^_^*)

飲み物やデザート類も充実していて、
コーヒー、紅茶などの他に生ジュースが何種類も用意されており、
チーズケーキやザッハトルテ、
わらびもちなどが食べ放題!!という豪華さなんですよね。

美味しい料理をたらふくいただいた後ののんびりとした入浴は、
もう極楽というよりほかはありません(^^)v

さすが長崎の高級ホテルの温泉施設だけあって
ひろびろとした大理石の大浴場があり、
眼下にひろがる美しい街の景色が見ることができます。

階段を上がって屋上に行くと風情のある露天風呂がいくつもあって、
かけながしの温泉に浸かって青い空を見ながら、
本当に贅沢なひとときを満喫することができます(^^)v(*^_^*)

特に冬場は身体の芯からポカポカあたたまるし、
肌もすべすべすしっとりするので大満足です。
来週もまた親せきと一緒に行こうと思い、予約を入れています(^^♪(^O^)/

長崎のアマンディさんにも良くお世話になってます(^_-)-☆(^^)v

http://www.amandi.jp/nagasaki/

寒い日は

寒い日が続いていますね。
そんな(*^_^*)我が家の今日の夕食はシチューでした!
おいしいし、身体が暖まっていいですよね。

今回はなんと具に「白菜」を使ってみました。
前々からグラタンやシチューなどのホワイトソース系
料理には白菜が合うと聞いていたのでチャレンジしてみたら・・・
すっごく!(^^)!美味しかったんです!
しっかり煮こまれた白菜がトロトロでお口も気分も幸せです。

そういえば前にロールキャベツならぬ
ロール白菜を作ったことがあるのですが、それも絶品でしたよ。
お肉を包むときもキャベツのように硬くないから楽チンですし、
食べた時もとても柔らかかったです。

白菜=鍋のイメージだったのですが、意外と使い勝手が良いんだなぁ・・・
と思わず(*^_^*)関心してしまいました(笑)
他にも白菜をおいしく調理できる方法があるか
思わず調べてみたくなっちゃいますね。

こりゃしばらくは白菜生活かな?(笑)

hakusai

冷凍食品の餃子がマイブーム d(*^v^*)b

1211h

最近は冷凍食品の質が本当に高くて美味しいので、
リピート購入したくなる製品が多いですね。
その中でも特にはまっていてリピート中なのが冷凍の餃子です。(*^_^*)

テレビCMで一時期人気アイドルグループのメンバーが
出て大変話題になっていましたが、冷凍餃子が、本当に
クオリティが高くて驚きました。オオーw(*゚o゚*)w
自分で作るよりも美味しいので、買ってくることが増えましたよ。

忙しい時にも手間がかからないのもありがたいところ。
野菜もたっぷり入って、栄養的にもバランスが良いのが
うれしいですね。(゚ー゚)(。_。)ウンウン
CMをきっかけに興味を持ったので調べてみると餃子で有名な
チェーン店の製品から冷凍食品で有名なメーカーまで、さまざまな
ところから冷凍の餃子が出ているのを知りました。

色んな味を楽しみたかったので、食べ比べをしてみましたが、
どこの製品も美味しくて選ぶのが楽しいですよ。
冷凍食品は我が家になくてなならない物のようです。(^^)v

だし巻き卵

ふんわりだし巻き卵のレシピ発見 (*^_^*)

だいたいこんな感じで作ってはいたけど、もう一度、おさらいして、ふわふわの美味しいだし巻き卵作ってみよっかな~ (^O^)/

食べたくなっちゃった~ (^^♪

夜のおつまみは だし巻き卵 に 決定!! 

心惹かれる赤い果実ヾ(=^▽^=)ノ

サクランボやイチゴ、トマトなど、真っ赤に色づいた実は食欲をかきたてられます。
でも、食べて見るとさほど甘くはないことも多々あります。
赤い色って、おいしそうに感じるんですよねヾ(=^▽^=)ノ

田舎育ちの私は、子どもの頃、ご近所の庭や畑で赤く色づいたグミやザクロ、ユスラウメなど、田舎ならではの食べられる実を見ては、うらやましく思っていました。
野イチゴなんて、本当に自然が育てた美味しいおやつでした。

そんな中で、ピカイチの美しさと思うのがザクロ
果実自体は、パッと見は美しいどころか、グロテスクな部類に入るでしょう。
パカッと割れた実から覗く赤い実と透けて見える白い種は、歯と歯茎のよう。
それでも、取り出した実の一粒一粒はため息が出るほどきれいです(*^▽^*)

fruit_pomegranate
粒は小さく、果実に占める種の占有率も高いため、粒をいっぱい口に頬張って、ペッペッと種出しをしなくてはいけないため食べるのは面倒です。その上、結構酸っぱいので、果物としての評判はイマイチ。
近頃では、樹さえ見かけることもなくなりました。

そんなザクロを最近口にする機会がありました。結婚式に出席した時でした。
出された料理で、「野菜の宝石」と名づけられた一皿に、まさに宝石のルビーのようにザクロの粒が散りばめられていたのです。
ワァー、懐かしいと言いながら口にしましたが、上手に料理になじんでいました。

その時、味ではないよね、目で楽しむ果実も大切なんだと感じ入りました。
果樹を育てるのが趣味の私は、この時から秘かにザクロの樹の購入を目論んでいます。