Author Archives: Aya

バイクに乗るのが好きなアラサーです

バイクが好きですね。
基本的に移動は9割が車なんですが、天気が良かったり気候がいい時期はバイクに乗って気分転換します。
全くバイクの知識とかないし男性みたいにバイクのチームに入ってツーリングすることには興味がないのですが原付に乗るのが好きです。
大型のバイクも運転するの楽しそうだなと思うけど今は免許をもってないので将来的には大型二輪の免許も取りたいなとも思ってます。
ドラマとか漫画とかのように、めちゃくちゃかっこいい男性が運転するバイクの後ろに乗るっていうのもいいなって憧れるけど、それよりも自分のペースで運転するのが私はいいですね。
やっぱりね車の運転もそうだけど人によって車間距離とかスピードの感覚とかねブレーキの踏むタイミングって違うから、助手席に乗っていてもあまりリラックスできないんですよね。
なので、自分のペースで運転するほうがリラックスできます。
それで、バイクだと風を感じられるのがいいですよね。風をきる感じも気持ちいいし、時たまふわっと金木犀とか花や木とか自然の匂いが感じられるのがとても気持ちが爽やかになりますね。
車だとね、窓を閉め切っているとほとんど風や自然を感じられないんですよね。
また、原付はスピードが遅いから景色も堪能しながら運転できるのがいいですよね。
バイクだと細い道でもすいすい運転できるので、あえて車の通りが少ない細い道をゆっくりめに走って道端の花とか木々を見たりするのが好きです。
特に、海沿いとか川沿いの道を走ると気持ちがいいですね。
街中だと、ビルとかの建物で空が狭いけど川沿いだと視界が開けるし天気がいいと川の水がキラキラと反射してきれいなんですよね。
特に春ごろにバイクを走らせるのが好きですね。
やっぱり、春の柔らかい光と花々の甘い香りに包まれながらの運転は気持ちが凄く華やぎます。
もちろん、ほかの季節も好きですよ。
夏は日差しは強いけど風が汗を乾かす感じとか爽快感があるし、秋は紅葉がきれいで風情ががあるし、冬は風は冷たいけど逆にそれが身を引き締めてくれる感じで視界も思考もクリアになる感じがしていいですよ。
あれですね、バイクの運転をしていると自分の世界に入りこめるというか、凄く集中できるんですよね。
日常って、誰かしら身近に人がいて自分だけの時間ってなかなかとれないけど、バイクの運転中って完全に一人の時間だし自分に向き合える貴重な時間なんですよね。
もちろん、運転中なので事故をしないためにも常に運転に集中しているんだけどいろいろなアイデアが浮かんでくるし思考が整理されるから気分転換になるんですかね。
家とかでじっと動いていると、思考もグルグルと同じところを回って抜け出せないことが多いんだけど、バイクだけに限らず車や電車に乗っている景色が常に動いているからか思考も進んでいく感じで、こんなアイデアもあったのかっていう気づきとか生まれやすいんですよね。
やっぱりね、グルグルと同じことを考えるのって辛いですよね。
なんというか悶々とするというか、どうしたらいいのか、どこからこの問題に手を付けたらいいのか全くわからない状態っていうのは気持ちが悪いんですよね。
大人になると、子どものときよりそういった悶々とした時間が増えるんですよね。
だから、そういう悶々としている時ほどバイクの運転をしたくなるんですよね。
最近はバイクにのる人が少なくなってきているって聞きますし、バイクの製造も減ってきているみたいで残念ですね。
原付だと、車ほど高いお金もかからないし場所も多く取らないので大学生とかにもおすすめですよね。
それにバイクって丈夫だから、しっかり手入れをすれば長い年数乗れるのでいいですよ。

奈良で建築工事をする場合の会社選びのポイント

奈良県でこれから建築工事をする方は、いろいろな会社があるので迷われていると思います。
今回は、奈良県の方の特性や地域柄も踏まえ、いくつかのポイントをお話していきます。

奈良県の方の県民性
奈良県の方は、地味で実直。まじめで倹約家なのが特徴です。
関西に位置しているので、関西あきんどの手堅さや商売上手さも兼ね備えていますが、大阪府など他の地域の方と比べて、派手なことを好みません。
ご家庭は、倹約ぎみで、あまり無駄な出費をしないのが一般的で、買い物などでもできるだけ安くて良いものを。という考え方です。

建築工事会社選びのポイント
このように倹約家で、あまり派手なことが好きでない奈良県の方は建築工事をする場合でも、できるだけ安く請け負ってくれる会社を選びたいとおもうことでしょう。
地建築会社には、おもに3つあります。
ハウスメーカー、工務店、設計事務所です。
この3つの特徴としては、ハウスメーカーは、全国展開している大きな企業が多いです。
年間の着工棟数が数万件もあり、実績、信頼の点では最も優れています。大量発注ができますので、部材の原価も抑えられるので、費用面にもメリットがでやすいです。
ただし、ネームバリューや中間マージンなどの影響で、最終的な販売価格は割高になることもあります。
同じ仕様の家なら大手ハウスメーカーよりも、地元密着型の中規模ハウスメーカーなどのほうがやすくなりやすいです。
工務店は、地元密着の小さな会社が多く、部材があまり多くの種類から選べなかったり、自由度は低いです。
あまりこだわりの強い人にはむいていません。
設計会社は、基本的にはデザインや部材はオーダーメイドで可能なので、費用は自分次第でいろいろ選べるのはメリットですが、反面お値段は割高です。
奈良県民の方のかたの選ぶポイントは、やはり価格面だと思います。
奈良県の方の場合、あまりこだわりあるものではないことは甘んじることになりますが、費用面で最も効果がある工務店で地元密着型が向いています。

地元の評判が大切
奈良県の建設工事の会社選びのもう一つのポイントは、地元密着で、どれだけ地元での評判がいいか、実績があるかということです。
地元志向が強い奈良県民の方なので、これも重要なポイントです。
お知り合いの方で良い経験がある方のコメントなども参考にしましょう。

いかがでしたでしょうか?
このようにいくつかのポイントを押さえて奈良県民のかたにあう建設工事の会社を選びましょう。


https://kkkimuragumi.co.jp/policy.html

もしも壊れてたらしばらくは手洗いするつもりでした

今朝回し損ねた洗濯機を昼過ぎに回しました。損ねたといっても朝時間がなかった訳ではありません。干す作業が面倒だったのでスタートボタンがどうしても押せなかった、ただのグウタラ主婦です(*^^*)でも洗濯物を洗わない訳にはいかないからどうにか重い腰をあげてボタンを押した私です。溜まったままだといかにも家事サボったって感が丸出しですから。

ちょうど昼ごはんも終わって眠気も来た頃で洗濯が終わる40分後にアラームをかけて昼寝をすることに。寝るには40分は短いけど寝ないよりはマシとばかりにソファに横になり…結果分かっていたこととはいえ、目が覚めたのは1時間以上も後のことでした。まあ、夏場でもないし、30分洗濯機に放置されてた物も匂わないだろうと気軽に考えつつ脱衣所に行くと…洗濯が途中で停まった状態でした!どうも脱水が出来てない状態。咄嗟に『故障』の2文字が頭を掠めましたが気付かないふりして一旦電源を落とし再び脱水を押してみたんですが、やはりうんともすんとも言わない洗濯機…(-_-)確かまだ買って2年も経過してない、私の中では新品同様の物だったのに~とショックを隠せませんでした。しかもズボラな私なんで保証書もどこに置いたのやら。

大ショックを受けつつも上から中身を眺めていると何だか違和感を感じました。その違和感とは洗濯機の中のシーツが変。あまり期待しないでおこうと思いつつ水を含んで超重たいシーツをどけ、もう一度脱水ボタンを押したら…回りました~♪どうやら容量以上の物を詰め込み過ぎたのが回らない原因だったみたいです。安心したと同時にやはり家電は精密機械。説明書通りに扱わないとダメなんだなと感心すらしました。

これに懲りて詰め込み過ぎは絶対に辞めようと思います。きちんと回ってくれるまではほんとに寿命が縮んだというか生きた心地がしなかったというか…。安い物なら全然いいけど家電は我が家にとって高級品ですがら。しかし、今回は事なきを得たけど油断は禁物ですね。家電ってある日突然壊れるんで。壊れる分にはいいとして大枚が飛んで行くのはどうしても避けたいのです。

初心者にも超おすすめなお米「ミルキークイーン」とは?

日本人ならほぼ毎日口にするお米ですが、銘柄を気にして買われている方は意外に少ないようです。「この品種が安いから」「近いお店だから」と何気なく買ってしまいがちなお米ですが、500種ほどのたくさんの品種が存在することをご存知でしょうか。そして、それらは見た目だけでなく、風味や適した用途まで異なるのです。

まだお米にこだわった経験のない方でも、きっと満足していただけるブランド米があります。それは「ミルキークイーン」という品種です。見た目が美しい乳白色をしているのでこの名前がついたのですが、農林水産省の計画で誕生したため、研究に研究を重ねた上で生まれた優秀なお米となっています。
ブランド米で大切なのは、やはり味が良いかどうかということですよね。ミルキークイーンはその風味でも高い評価を得ています。アミロースという成分が少なく、私たちがふだん食べているうるち米よりも、もち米に近いモチモチとしたほどよい粘りのある食感です。噛みごたえがありますので満足感を得やすく、またほかのお米と混ぜてもおいしいという特徴があります。

召し上がり方としておすすめなのは、やはりミルキークイーンのおいしさが分かるおにぎりです。つやつやとした見た目や、独特の歯ごたえが楽しめます。ミルキークイーンは冷めても美味しいことで有名なので、お弁当として持っていっても大丈夫。甘さもちゃんと感じられるので最適です。また、レストランなど商業施設でも使用され、多くの方から好評を得ている品種でもあります。
ミルキークイーンの産地としては、米所の新潟県や茨城県、福島県などが有名ですが、全国的にさまざまな地域で生産されています。食べ比べてみて、ご自身のお好みに合った産地を見つけてみるのも良いかもしれません。

まだまだ知名度は高くないミルキークイーンですが、少しずつ口コミなどで人気を高めてきています。今までにない弾力のある食感や、適度な甘みなど、魅力いっぱいのブランド米です。毎日の食卓にぜひ取り入れてみましょう。

全国規模で行われている中古機械の買取

中古機械の買取に関する取り組みは、全国的な規模で実施されるようになりつつあるとされています。そのため、多くの人たちが、実際に中古となった機械を買い取ってもらうようになってきており、注目される動向のひとつとして掲げられてきているのではないかと思います。積極的に買取事業を展開する業者が各地に点在するようになってきているため、このようにして全国的な規模で中古機材の売却できる環境が整備されていると言えるのではないでしょうか。

このようにして、中古の機械の買取が全国的な規模で行われていくことに関しては、強く歓迎されるようになりつつあると考えられています。こうした傾向は年々鮮明なものとなってきていると考えられていることから、中古機械を積極的に売却しようと模索する人が格段に増加することにも関与しているのではないかとみられています。様々な分野において、こうした取り組みがなされることが歓迎されていくのではないかと思います。

今後も、中古機械の買取にまつわる内容の事業は、全国規模で行われていく状態が維持されていくものと予測されています。そのため、こうした取り組みを活用し、中古機械を売却しようとする人がこれまで以上に多く存在するようになるのではないでしょうか。適切な方法やプロセスで中古の機材が買取されるようになっていくことも見込まれるようになってきており、多くのところでこうした動向には強い期待が抱かれるようになるのではないかとみられています。

子供がいる方は、耳鼻科も助かります

子供が小さいうちは、小児科と耳鼻科の両方にお世話になることが多いものです。耳鼻科では、鼻づまりの時や、のどが痛いとき、お世話になります。熱がない場合が多いです。そこで、吸入をしてもらったりします。耳垢も取ってもらうことがあります。耳垢は、学校の耳鼻科検診があるので、たまっていると学校から耳鼻科に行くように、指示されるので、耳鼻科に行き、耳垢を取ります。すると、大きな耳垢が出てきたりします。

また、インフルエンザの予防接種も耳鼻科でしてもらうことが多いです。小児科は、込み合っているし、ひどい風邪をひいている人と接触して、うつると嫌なのです。耳鼻科のほうが安全です。予約もできるので、その時間ロスもなくいいのです。小児科は待ち時間が多いのです。
子供も、小児科は、いやな思いがありますが、耳鼻科では、さほど、苦しいこともないので、行くのを嫌がることもありません。ひとつくらいは、かかりつけの耳鼻科が必要です。乾燥しているときや、花粉症でも耳鼻科は必要です。
その治療内容の中で、一番ありがたいのが、吸入です。これをすると、少し緩和されて子供も楽になります。
また、耳鼻科でもスーパーマーケットの近くにあり、駐車場もそこを利用できるところだと、行きやすいですね。駐車場も止めやすいです。医療ビルのようなところも、ありがたいです。皮膚科があったり、眼科や、婦人科もあり、場所について、困ることもないので、同じところに出かけるようになったりします。安心感があるのです。

また、先生も、のどのの専門家なので、そこをしっかりとみてくださるので、少しの風邪は、耳鼻科に行くほうが子供にも楽だと思います。お薬も、小児科とほとんど同じで、甘いシロップ味のものを出していただいたりします。子供も味の好みがあって、うちでは、耳鼻科の薬なら、嫌がらずに飲んでくれた記憶があります。子育て中のお母さんには、心強いクリニックであることは間違いないです。

何もない田舎で過ごす休日に起きたハプニング

私の住む地域はとても田舎で、遊ぶ場所がほとんどありません。
毎月1度会って朝から晩まで遊ぶのが恒例になっている友人がいます。
この田舎でどうやって1日遊んで過ごしたらいいかが毎月課題になっています。
遊園地や動物園などはないので、ランチをして夜までどこかで時間を過ごし、夕食の後に解散するのですが、この夕食までの時間がいつも問題です。
お互いにファッションが好きなので、先日はリサイクルショップへ行って掘り出し物を探してきました。
私は雪国には欠かせない長靴がほしいとずっと思っていました。

近頃はお洒落なデザインの長靴も増えていたので、冬だけではなく雨の日もお洒落に履けそうな長靴を求めてリサイクルショップへ2人で行ってみました。
早速靴コーナーへ行ってみたところ、通路に好みのデザインの長靴がなぜか片方だけ置かれていました。
私は片方だけ棚から落ちたのか、誰かが試着して戻し忘れたのかと思い、深く考えずにすぐに試着してみました。
サイズもぴったりで気に入ったので、一緒にいた友人に似合うかどうか見てもらうと、なぜか渋い表情で私の後ろを見ている友人。
どうかしたのかと振り返ると、他の靴を試着中の女性がいました。
その女性の片方の足には私が今試着しているのと同じ長靴が・・・。
なんと、私が売り物だと思って試着していた靴は、他の靴を試着中だった女性の私物だったのです。
恥ずかしさと申し訳なさでいっぱいで何度も謝りました。
女性も友人も爆笑してくれたものの、あの時のことは絶対に忘れられない出来事です。

その後、そのリサイクルショップで友人と一緒にお互いに似合う古着を探してしばらく時間を過ごし、喫茶店でお茶をして、夜はいつものレストランで食事をして帰宅しました。
ハプニングはあったものの、そのハプニングも楽しい思い出となったし、充実した1日が過ごせたように思います。
何もない田舎でも楽しい出来事は起こるものなのだなあと実感しました。
今月はそんな1日を過ごすことができたので、来月はどこに行こうか、どんな1日になるかがとても楽しみです。
田舎だからとすぐに遠くに遊びに行くことなく、地元での楽しみを探していけたらなと思います。

意外と維持費のかかるクルマ?! 「ルノー・カングー」

私が以前所有していた、ルノー製「カングー」についての修理レポートをさせていただきたいと思います。
カングーはフランスでは有名な商用車で、最近は日本でもよく見かけるようにもなりました。
私の乗っていたモデルは、1.6リッターDOHCの意外に高性能なエンジンを搭載し、広い荷室空間があるのも相まっていることから、実用性に非常に長けているだけでなく、スタイリングも良いことで女性中心に人気があるモデルでした。
しかし、非常に良いクルマであってもいつか修理は必須です。

外車は修理が多いというのが、私の外車に抱いていたイメージでありましたが、カングーは意外にも目立った故障も発生せず、最初の3年を快適に乗りつづけることができました。
しかし、走行距離が6万kmを手前にした車検の際に、ついに問題は発覚します。
実はカングーのエンジンは、日本車と違って6万km毎にタイミングベルトを交換しなくてはならないことがわかりました。
それだけでも大変な出費だというのに、さらにウォーターポンプが脆弱なため、これも毎回同時交換した方がよい、とのこと。
ウォーターポンプは日本車なら20万kmくらいで交換すれば良いくらいのものです。
それが6万kmごと・・・。

見積もりを出してもらった結果、お値段は約18万円!
私のカングーはMT車でありましたが、追い討ちをかけるようにミッションからオイルが漏れていることも同時発覚し・・さらに整備料金は40万円へと跳ね上がります。
正直私は、6万kmごとにタイミングベルトとウォーターポンプの毎回交換で「18万円プラス車検費用」のかかるクルマは、維持していくこと自体が厳しいと思ったので、ついに売却を決断することへとなってしまうのでした。
走りやスタイリングは大変気に入っていたクルマだっただけに非常に残念でしたが、修理費用の増加は背に腹を変えられない問題でしたので、そうせざるを得ませんでした。
これから外車をチョイスする場合は、修理に関するレビューなどを十分参考にして、その頻度をきちんと把握してから購入すべきだな、と強く感じる経験でありました。

外車好きの友人はかなり以前から、下記の外車修理専門工場にお世話になっているそうですが、そちらだともう少し安くできたようでした。
色んな方面の知り合いに尋ねた方が良かったような気がします。

選挙で勝利する為には3バン、地盤、看板、カバンが必要ですが

選挙で勝利する為には3バンが必要とされています。その3バンとは1、地盤、これは立候補者を応援してくれる人がどれだけいるかということ、つまり後援会や応援団体、これは世襲で立候補する方の方が父親や祖父の代の後援会などから応援して貰えるので断然有利です。

2つ目は看板、これは立候補者が有権者にどれほど知られているかということ、つまり知名度ということになります。これも世襲の候補者が断然有利です。それは本人の知名度があまり無くても。父親や祖父が元議員ということで抜群の知名度があり、その方の息子さん、お孫さんということでそれだけでも他の候補者とは違います。それから知名度のある方というのはマスメディアに良く登場し、それで有権者に良く知られている方です。例えば芸能人、スポーツ選手、テレビ番組のニュースキャスターなどですが、その方の議員としての資質は別にしても有権者の目に触れる機会が多く、その候補者の看板としては申し分のないものでしょう。

3つ目はカバン、これはお金のことを言っています。選挙に出るとポスターや選挙運動などに相当なお金がかかります。これもやはり世襲の候補者が有利で、いいか悪いかは別として父親や祖父から引き継いだものがあります。

こうしてみると選挙で勝利するのは世襲の候補者が断然有利で、その次にマスメディアに良く登場する有名人ということになり、それ以外は中々勝利出来ないということになりそうで、実際国会議員の顔ぶれを見てみると世襲議員の割合が大分高いとか。本当の民主主義を高めるためにも地盤、看板、カバンの3バンが無くても勝利出来る環境を作らないといけないですね。
110241s

歯科の看板について

車でドライブしていると、街中にはコンビニ、美容院、歯医者、クリーニング屋は、乱立している地域が結構よく見られます。
こんなにたくさん歯医者があって、経営として成り立っているのだろうかと心配に思ってしまうくらい、歯医者はたくさんある印象を受けます。

そんな歯科の看板に書かれているのは「歯医者の名前・電話番号」が必須項目ではないでしょうか。
ここで気になるのは、看板に書かれた電話番号の多くが「虫歯」にかけた番号が多いということです。「ムシバゼロ」や「ムシバナシ」など、キーワードに合うように番号を語呂合わせしているパターンです。

内科や眼科などで、専門分野を連想させる電話番号をうたっているところは少ないのですが、歯医者は断然その割合が高いのです。

では、描かれているイラストのデザインはどうでしょうか。看板には動物(リスやハムスターなどの齧歯類が多い)が歯ブラシを持っているイラストや、歯をイラスト化したデザインが一般的です。

正直なところ、電話番号もイラストも、これと言って斬新なデザインは見当たりません。歯医者であることがわかれば良いのですが、あまりにどこも代わり映えのしない看板が多いので、インパクトに欠けるという点では記憶に残りにくいのが現状ではないでしょうか。

「歯科」や「歯医者」と名前に付いていれば、それが歯医者の看板であることは明らかなのですから、おしゃれで記憶に残るようなデザインであることの方が、ありきたりなイメージよりもよっぽど集客に効果的であると言えます。
また、「審美歯科・小児歯科・矯正歯科」など、一般的な虫歯治療とは違った専門分野を得意とする歯医者に関しては、その部分を強調したデザインであることが最も大事と言えます。

利用する側にとっても、イラストや電話番号はあまり重要ではありません。私たちが歯医者に求めるのは、「腕が良いか・自分が必要とする技術が得られるか・清潔か」と言うことです。看板には腕の善し悪しは表現できませんから、「清潔感があって専門分野が明確に記載されている」看板を掲げることが、より重要なのではないでしょうか。