リサイクルトナーとはまた、メリットとデメリットは?

リサイクルトナーとはどのようなものかご存じでしょうか。リサイクルトナーは純正品の使用済トナーなどを再利用して、トナーとして再生させているものです。

どんな風にトナーを再生させているのでしょうか?純正品の使用済トナーを回収して、分解、洗浄などの過程を得て、トナーを充填します。
トナー充填後に、きちんと検査なども行っている会社もあります。
純正品の使用済トナーを回収して、再生していることが多いので、メーカーの純正品トナーようにトナーを一から作り直す必要がありません。
ゆえに、リサイクルトナーを専門で取り扱っている会社もあります。
リサイクルトナーの種類はいろいろとあります。
リサイクルトナーの取り扱いを専門で行っている会社のリサイクルトナーだったり、メーカーでも純正品を何度か再生できる権利のようなものを得て、再生できるリサイクルトナーがあります。

最近ではメーカーも純正トナーを販売した場合、そのまま純正品を回収するような活動をしています。
必ず、メーカーに純正品を返すのを前提に通常よりも安くトナーを販売している場合もあります。
リサイクルトナーのメリットはどのようなものがあるでしょうか。一番の理由はやはり、メーカーなどのトナーの純正品に比べると価格が安いのです。
最近はどの企業でもコスト削減を叫ばれています。リサイクルトナーも会社によっては、トナーの保証が充実している場合もあります。
では、リサイクルトナーのデメリットとはどのようなものがあるでしょうか?
リサイクルトナーとメーカー純正品トナーとでは何が違うのか、メーカーとして純正品トナーを推奨しています。
メーカによってはリサイクルトナーを使用して、プリンターが故障した場合、無償保証期間でも、実費で修理が必要になる場合があります。
純正品トナーに比べて、故障率が高いものもリサイクルトナーの特徴です。といっても、2~3%くらいの確率ですが、故障率が上がります。
印刷の印字の品質が落ちる場合もあります。

リサイクルトナーを購入する場合は、気を付ける必要があります。
安いと思って、購入すると、品質がひどく悪かったりする場合があります。
使用するプリンターに合ったリサイクルトナーを使用する必要があります。
気を付けないと、プリンタのトナー交換はできるが、印刷ができないという笑いことでは済まさらない現象も出てきます。
やはり、使用する場合は、メリット、デメリットを考えて、自分でリサイクルトナー会社などを探して、良いリサイクルトナー会社から良いリサイクルトナーを使用すべきだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。